未分類

妊活脱毛で妊娠前にVIOを医療脱毛クリニックで処理すると子宮に影響が出る? 不妊治療中はどうなの?

将来、出産を望む女性たちが行う、妊婦さんに向けた勉強や準備を「妊活」といいますが、その一つとして「妊活脱毛」が注目されています。

妊活中に脱毛をすることによって、子宮や身体に何らかの悪影響を及ぼすのではないかと心配される方がいらっしゃいますが、そのようなことはないので安心してください。

妊活脱毛とは?

妊活脱毛とは妊娠前にアンダーヘア(VIOライン)の脱毛をしておくこと。

分娩台での恥ずかしさやにおいを考慮して、妊娠前にアンダーヘアの脱毛を済ませておきたいという人が多くなっています。

「出産時に人に見られるのが恥ずかしいから、妊娠する前に脱毛をしておこう」と考える20~30代の女性が増加傾向にあります。

妊活脱毛というアンダーヘア脱毛の新たなニーズ

「妊活脱毛」とは、将来出産を希望する女性が妊娠する前にアンダーヘアの脱毛をしておくことをそう呼んでいます。

リゼクリニックが全国の20~40代の女性568名にアンケートを取ったところ、『妊活脱毛』が必要と回答した人は過半数となりました。

■細菌感染症や臭いを防ぐため、また分娩台での恥ずかしさを考慮して、出産に備えて妊娠前にアンダーヘアを脱毛しておく「妊活脱毛」について、あなたはどう思いますか?

  • 必要⇒56.2%
  • 必要ない⇒24.5%
  • 分からない⇒19.4%

妊活脱毛のメリットと注意点

アンダーヘアの脱毛には、ムレによるかぶれや雑菌の繁殖を予防する効果があります。

大切な赤ちゃんの通り道として、肌は清潔にきれいにしておきたいものですよね。

妊娠中は脱毛することができないため、妊娠前にVIOを脱毛することで、安全な出産に備えることができます。

また、出産後は子育てに忙しく、自分のことには構っていられなくなります。

妊娠前に脱毛をしておけば、子育て時のムダ毛処理から解放されるというメリットもあります。

出産後の母体にかかる負担を少しでも軽減したい

〇会陰(えいん)切開

出産時、赤ちゃんの頭が大きいことや会陰部(肛門と膣口の間)が伸びないことが原因で会陰部が切れてしまうことがあります。

これを会陰裂傷といい、これを防ぐために予め会陰部を切開しておくことを会陰切開といいます。

出産後に縫合し、溶ける糸を使用しなった場合はのちに抜糸をしますが、この時に出来た傷は1か月ほど続くと言われています。

そのため、傷口から感染しないように皮膚を清潔な状態にしておくことが大切です。

あらかじめアンダーヘアを脱毛しておくことによって、傷口の炎症対策や長時間のナプキン使用によるかぶれや菌の増殖を防ぐことにも繋がります。

〇産後の出血「悪露(おろ)」

出産を終えると子宮が非妊娠時の状態に戻ろうと、出産時に剥がれ落ちた胎盤や子宮内膜が混じった分泌物や血液を排出します。

これは「悪露(おろ)」と呼ばれ、個人差はありますが、生理のような出血が1か月くらい続きます。

悪露は長期間続くことに加え、臭いも強いため、こまめにナプキンを変える必要があります。

また、ホルモンバランスの影響で、産後の肌は非常に敏感な状態のため、摩擦や蒸れなどによってかぶれを引き起こすことがあります。

しかし、産後は赤ちゃんのお世話に忙しく、自身のケアが疎かになってしまいがちです。

事前にアンダーヘアの脱毛を完了させておくことで、長時間のナプキン使用によるかぶれや菌の増殖を防ぐことができ、臭いや肌トラブルを軽減させることが可能です。

見た目の問題だけでなく、産後の出血による雑菌の繁殖を防いだり、衛生面でもメリットがあります。

【VIO脱毛】が安い!医療脱毛クリニック

続きを見る

妊娠中は脱毛ができない理由

どこの医療脱毛クリニックでも妊娠したことが分かった時点で、施術不可となります。

お母さんとお腹の赤ちゃんのことを第一に考えるとそれがベストなのです。

妊娠をすると、

  • 肌トラブルが起きても薬を服用できない、
  • 長時間同じ姿勢でいることや痛みにより母体への負担がかかる
  • ホルモンバランスの変化によって脱毛効果を十分に得られない可能性がある

などの理由により、専門機関では脱毛を受けることができません。

また、脱毛の経験がある人はよくご存じだと思いますが、脱毛って少なからず痛みの刺激がありますよね。

この痛みが陣痛を引き起こすきっかけになるかもしれませんし、脱毛に伴うちょっとしたストレスが胎児に影響しないとも言えません。

さらにご自身での剃毛も、お腹が大きくなった体では上手に処理することが難しく、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

妊娠中は脱毛できない理由① ストレスが胎児や母体に影響するかもしれない

妊娠と脱毛は、基本的に無関係です。

医療脱毛クリニックでの脱毛によって、胎児に与える影響はないと考えられているのです。

しかし、脱毛の痛みがストレスとなって母体に影響を与えたり、陣痛を誘発したりする可能性があります。

そのため、妊娠中には脱毛ができない施設がほとんどです。

また脱毛の部位によっては、うつぶせになったり、からだを動かしたりする必要があります。

その分からだに負担を覚える人もいるでしょう。

ただでさえデリケートになっている妊娠中は、脱毛を避けるようにしましょう!

妊娠中は脱毛できない理由② ホルモンバランスで肌に影響があるかもしれない

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、肌が敏感な状態になります。

脱毛によって負担をかけることで、皮ふトラブルの原因となったり、通常の脱毛効果が得られなかったりすることがあるのです。

また、ホルモンの影響で毛の濃さが変わることがあります。

妊娠中は無理に自己処理をせず、出産後にからだのバランスが落ち着くまで様子を見ましょう。

出産後には、髪の毛などが抜けやすくなってしまう時期があります。

しばらく経つと体毛の状態はもとに戻りますが、眠っていた毛包が活動を開始することで太い毛が生えてくることもあるようです。

医療脱毛クリニックで契約後妊娠が発覚した場合は?

医療脱毛クリニックでおこなわれている脱毛は、完了までに時間がかかるものです。

その間に、妊娠・出産を経験するという女性も少なくありません。

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で肌が敏感になるため、脱毛を中断する必要があります。

しばらく脱毛から離れることになりますが、出産後に生理が2回以上もどった時点で再開ができるようです。

順調に生理が戻れば、授乳している方でも脱毛を受けることができるのです。

ただし、乳輪まわりや胸、両ワキの3つは、授乳を終えてからのケアとなることが多いようです。

いずれにしても、担当医へ相談をするようにしましょう。

妊娠中の医療脱毛は赤ちゃんや母体にまで影響するって本当? 気づかずに脱毛するとどうなるの?

続きを見る

妊活中(妊娠前)の脱毛は身体に影響を及ぼさない

妊活中に脱毛をすることによって、レーザーが子宮や身体に何らかの悪影響を及ぼすのではないかと心配される方がいらっしゃいますが、そのようなことはないので安心してください。

不妊治療中は治療中であることを必ず医療脱毛クリニックに伝えて!

妊活では不妊治療を受けている方も入らっしゃると思います。

不妊治療中であることを伝えずに脱毛に通っているという人もいますが、それは絶対に避けてください。

医療脱毛クリニックは、通院している、薬を服用している、近く妊娠する可能性があるといった事情がある場合、契約を断られるケースは多いです。

ですが、治療内容によっては担当医の許可がもらえれば、脱毛が可能とする場合もありますので、相談することが大切です。

脱毛することによって不妊治療に悪影響を及ぼすという根拠は今のところありませんが、万が一のことを考えてとても慎重になります。

特に脱毛サロンは医学的なことを言える立場にないので、とても慎重になります。

例えば、ミュゼプラチナムは「通院中」「薬を服用中」という場合は、脱毛不可としていますので契約は難しいでしょう。

銀座カラーは条件付きで契約できるようです。

脱毛サロンに通う際の条件の例

  • 担当医の許可をもらうこと
  • ホルモン剤の服用から前後一カ月の脱毛は避けること
  • 妊娠したら脱毛はできないので、必ず報告すること
  • 脱毛予約日の○日前から薬の服用はしないこと

不妊治療中であることを伝え、脱毛サロンの対応を確認してください。

先に担当医の許可をもらってから脱毛サロンへ相談へ行くとスムーズでしょう。

子宮筋腫や子宮内膜症などの治療中でも妊活脱毛はOK?

医療脱毛クリニックでおこなわれている脱毛は、肌の上からレーザーを照射して、毛穴の奥に存在する毛乳頭という毛が作られているもとを破壊します。

毛穴は肌の延長線上の溝であるため、からだの組織にレーザーが届くということはありません。

レーザーを照射しても、からだのなかに悪影響を与える心配はないのです。

もちろん、VIOラインなどのデリケートゾーンにレーザーを照射して脱毛をすることによって、体や子宮に影響が出ることはありません。

ただし、服用中の薬があるときは注意が必要です。

とくに処方薬に関しては、医師への確認がとれない場合、脱毛の施術を断る医療脱毛クリニックがほとんどです。

なかでも抗不安薬、抗生物質、三環系抗うつ薬、経口抗真菌薬、解熱鎮痛薬、抗ガン剤、利尿剤血糖降下薬などは紫外線に反応するといわれているため、医師からの許可がおりないことが多いようです。

デリケートな部位だからこそ、医療脱毛がおすすめです。

「デリケートゾーン」はその名の通り、お肌が非常に繊細です。

炎症を起こしやすい部位でもあるので、万が一脱毛後に肌トラブルが起きても、医師が常駐している医療脱毛クリニックでの脱毛なら、安心して施術を受けることができます。

対して脱毛サロンの場合、医療従事者ではない「エステティシャン」が照射を行います。

そのため万が一の際にもその場での治療を行うことはできません。

また、痛みが強いことでも知られているアンダーヘアの脱毛ですが、医療脱毛クリニックであれば麻酔を使用することが可能です。

多くのクリニックでは麻酔が用意されていますのでで、痛みに弱く、医療脱毛の施術にご不安のある方はぜひご利用してください。

30代前半で初産を体験された方

出産を体験して、出産前は「絶対に」女性はアンダーヘア脱毛をやるべきだと確信しました。
分娩室にいるときに難産で足を開いたまま待たされるのが少し恥ずかしくて、デリケートゾーンを美しく保つことの大切さを実感しました。
さらに必要性を痛感したのは出産後です。
出産後、傷口を縫ったところをケアする際、Iラインに毛がないほうが格段に衛生的です。
ナプキンをこまめに取り換えたくても赤ちゃんのお世話でそれどころではなくて…。
脱毛は1回やれば大丈夫、ということではなく、何回か通院が必要。
妊娠する前にしっかりと脱毛しておくべきだと思います。
それと出産後は体毛が濃くなったので事前にやっておけば気にならなかったのかなとも思います。
「妊活」は妊娠するための活動なので、妊娠する活動の一環で脱毛を行うという概念は自分にはなかったが、実際に妊娠&出産を経験して絶対にやっておいたほうがいいと思いました。
未婚女子や妊活女子にもぜひおすすめします。

将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方はご自身の身体のため、妊娠する前に専門機関で脱毛しておくことをおすすめします。

アンダーヘアの脱毛は美容や恋愛のためではなく、将来の自分のために。

アンダーヘアの脱毛をしている、というと見た目の良さやパートナーに喜んでもらいたいという理由から脱毛をしている、と思われるかもしれません。

しかしながら、近年の傾向として、「介護脱毛(将来、自分が介護される立場になったときを想定し、その準備として、あらかじめアンダーヘアやワキ毛を永久脱毛しておくこと。)」とあわせ、「将来、妊娠した時のことを考え自身の身体のために脱毛する女性」も増えてきています。

介護脱毛はミドル世代の新常識、アンダーヘアを医療脱毛することが高齢化社会のマナー

続きを見る

-未分類

Copyright© よか医療脱毛 , 2019 All Rights Reserved.