福岡県の医療レーザー脱毛の料金が1分で見つかるサイト♪県内80院を本気で調査!

よか医療脱毛

[sctime]更新

脱毛クリニックの予備知識

脱毛クリニックの予約日に生理!?クリニックの対応方法

更新日:

「なかなか予約が取りづらい脱毛サロンやクリニックの予約日に、生理がかぶっちゃった!」「サロンに生理だと伝えたら、キャンセル料がかかるかも。」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

クリニックなら生理中でも施術できるところが多く、VIOを含めた全身の施術が可能な場合もあります。さらに当日でもキャンセル料が無料であったり、安価なクリニックも多いです。

脱毛サロンは、生理中は全身の施術が不可であったり、VIO以外は可能であったりと様々ですが、当日のキャンセルの場合1回分消化されてしまうところも多くあります。

生理中だと電話して、キャンセル料がかかってしまったり、1回分がムダになってしまうのは避けたいですよね。

そこで今回は人気脱毛サロン・クリニックの前日・当日のキャンセル料と、施術の可否を徹底調査しました!

生理中の施術の可否をサロン・クリニック別に徹底比較!

脱毛の前日や当日に急に生理が来たら、まずは施術ができるのか気になりますよね。

主なクリニックとサロンの、施術の可否を詳しく見ていきましょう。

生理中に施術できる?主な脱毛クリニックで比較

生理中に脱毛ができるのか、主な脱毛クリニックを比較しまとめました。

主な脱毛クリニックの比較

施術の可否 クリニック名
全身可 湘南美容クリニック(※1)
VIO以外可 表参道スキンクリニック
VIO・ヒップ以外可 レジーナクリニック・リゼクリニック
その他 聖心美容クリニック(記載なし)

※1:VIOはタンポンを使用

湘南美容クリニックは生理中でも全身の施術が可能で、他のクリニックでもVIO以外はほぼ可能か記載なしが多いです。

脱毛サロンはVIOの施術ができないサロンと、それに加えヒップや全身の施術が不可のサロンがあります。

福郎
ほとんどの脱毛クリニックで、VIOとヒップ以外は施術可能です。
湘南美容外科は、生理中でもタンポンをつければVIOの施術が可能ですよ。

脱毛クリニック別!前日・当日のキャンセル料を比較

生理中に脱毛の施術ができるのかをお伝えしましたが、もしできない場合はキャンセルまたは予約変更をする必要があります。

キャンセル料が発生するのか、予約変更はできるのか、クリニック別に見ていきます。

脱毛クリニックの当日キャンセル料を比較

脱毛クリニックよって、キャンセル料が発生する条件とキャンセル料は結構違います。

主な脱毛クリニックのキャンセル料の有無

クリニック名 キャンセル料発生条件 当日のキャンセル料
湘南美容クリニック 2日前23時以降のキャンセル 3,000円
レジーナクリニック 前日20時以降のキャンセル 1回分消化
リゼクリニック なし なし
表参道スキンクリニック 前日19時までのキャンセル 1回分消化
聖心美容クリニック なし なし

これらの規則は変更されている場合もあるので、詳しくは各脱毛クリニックにお問い合わせください。

ウール100%
1回分消化されたり、結構厳しい所もあるんだね!
原則は当日の予約変更が不可の場合でも、生理だと説明すれば変更も可能になることもあるので、一度クリニックに相談してみて。
福郎

生理中でも脱毛クリニックなら安全に脱毛ができる理由

脱毛サロンでは、感染症や肌トラブルのリスクを避けるため、全身のどの部位でも施術不可の場合がほとんどです。

それに対して脱毛クリニックは、キャンセル料も無料であったり、サロンに比べ割安ですし、生理中でも施術可能なところが多いです。

それでは生理中のサロンとクリニックでの脱毛について、詳しく見ていきましょう。

脱毛クリニックは医療スタッフがいるので対処可能

脱毛クリニックは医療機関だからこそ、生理中でも安心して脱毛を受けることができます。

生理中でも脱毛できる理由

  • クリニックならトラブルが起きても、医療スタッフにすぐ対処してもらえる
  • 麻酔を使って痛みをコントロールできる

脱毛クリニックは医療機関なので、医師や看護師などの医療スタッフが、肌トラブルや体調不良が起きてもすぐに処置することができます。

しかし脱毛クリニックでも、「生理中は痛みを強く感じたり肌トラブルを起こしやすいので避けたほうがいい。」と言うドクターもいます。

レーザーの威力はサロンの光に比べて強いので、生理中は肌の炎症が特に起きやすく、痛みも普段より強く感じます。

また、施術ができるといっても、VIOを生理中に脱毛すると、開いた毛穴に雑菌が入ってしまって、炎症を起こすリスクが高まります。

なので、できるだけ予約を変更することをおすすめします。

生理中の場合はVIO以外の部分でも医師に事前に相談し、威力を下げたり麻酔を使用するなど、対処してもらうようのがベターです。

生理中の脱毛クリニックの対応を確認

多くのクリニックでは、生理中でも脱毛は可能です。

脱毛クリニックは生理中でもVIO以外または全身の脱毛が可能です。

医療スタッフのいる脱毛クリニックなら、肌トラブルや急な体調不良のリスクが高まる生理中の脱毛でも、安心して施術を受けることができます。

しかい、脱毛クリニックの中には当日の予約キャンセルにキャンセル料がかかったり、1回分を消化されてしまったりと、ペナルティを課すところもあります。

 キャンセルする場合は、脱毛クリニックは予約の枠を空けて待っているので、大人のマナーとして、なるべく早く連絡してください。

クリニックによっては生理中ということを考慮しくれて、キャンセル料がかからなかったり予約変更ができるクリニックもあるので、一度相談してみてください。

医療レーザー脱毛のリスクと副作用について

医療レーザー脱毛は安全・確実に“永久脱毛効果”が得られると広く支持をされています。
しかし、ごくまれに肌トラブルが起こることがあるのも事実です。
赤み・ヒリヒリ感
施術後は毛穴周囲の皮膚の炎症によって軽いヒリヒリ感と赤みが出ます。
施術を受けたほとんどの方に生じ、通常2~3時間で落ち着きます。
炎症性浮腫
毛穴周囲の皮膚の炎症によるムクミ、軽度の腫れです。
施術を受けたほとんどの方に生じ、通常2~3時間で落ち着きます。
毛嚢炎
毛嚢炎(毛包炎)とは、毛とその周囲の炎症のことです。
自然に収まらない位場合は、処方や処置により改善します。
火傷
医療用レーザー脱毛は毛根を焼却する治療のため、施術は体調や肌の状態によって熱傷リスクが高まることを勘案して、安全な出力に制限しています。
症状は一時的なもので、医師が適切に治療を行います。
硬毛化
非常にまれにレーザー照射の影響で毛が太く硬くなることがあります。
硬毛化の原因は残念ながら解明されていませんが、若く軟毛が渦を巻くような毛深い方で、二の腕やうなじに発生しやすいと言われています。

-脱毛クリニックの予備知識

Copyright© よか医療脱毛 , 2019 All Rights Reserved.